アコラバ

Redspotted grouper  アコラバ

・・・・・・・基本タックル・・・・・・・

ロッド

6~7フィート前後

アコウはほぼリアクションバイトで一気に食ってきます

その時に食い込み重視、口切れ防止での柔らかい物がお薦めです

専用ロッドという物は無いのでタイラバロッドで代用出来ます

レンタルタックル、ロッド&リールセット¥1000ご用意出来ます

リール

 

ハンドル1回転あたり70~80cm前後のハイギアタイプ

とにかく水深が深いのでシングルのパワーハンドルが薦めです

ダブルハンドルのショートタイプは巻きが重いのでロングタイプ推薦

ライン

水深が深く流れが速いのでPEは必ず0.8から1号まで

1号以上だと底が取れず根掛かり連発してレースになりません

※また根掛かりが多いのでPEの高切れも有りますので最低200mは

巻いておいて下さい、主に水深が約60~90m前後をやりますので

2回高切れした場合は糸が足りなくなります、予備のリール等もご用意下さい

リーダーはフロロカーボン3号

PEは伸びが無いのでリーダーはクッションの役目と擦れ防止

リーダーは長い方が良いのですが潮の流れが速く抵抗になりますので

長さは3mがベストです

アコラバ

 

 宮一釣漁具:アコラバ     ダミキジャパン:マウスリン

               ハヤブサ:キックラバー

※重さは80~100gを使用します

ルアーは主にヘッドはインチク+ラバーを使用します

主に固定式を使います、誘導式は根掛かりした時に外れにくいので注意

当方のエリアではタコベイトは潮の抵抗が大きく底取りが困難になり

根掛かりが多発しますので鯛ラバ等のネクタイ&ラバーを使用します

潮が速く起伏が激しいポイントをやりますので他ルアーでは攻略不可能

※ジグやタイラバ等、他のルアーは根掛かりも多く使用不可

根掛かりが多く慣れた方でも2~3個は無くなります

5~10個程度用意してください

ご用意できない場合は船内販売有ります、格安2~3個¥1000です

・・・・・・・基本の釣り方・・・・・・・

基本的に底まで落として巻くだけですが水深が深く底が非常に荒い

ポイントをやりますので根掛かり多発します

釣果を上げるコツは糸ふけが出ないようサミングして落とし

確実な底取りから底切りが基本となります

誘い方

魚のヒットレンジは底

① アコラバを真下に投入し糸ふけが出ないように着底させる

② 着底したらすぐに即巻き始める

③一定のスピードで5~8回転まで巻き上げる

④アタリが無ければ、再度落とすこの繰り返しです

根掛かりしたら?

着底後、巻初めで根掛かりしていたら糸を緩める軽く竿を振って

コトコトルアーを動かす、だいたいはこれで取れます

それでも取れない場合はロッドを垂直にしてスプールの糸を押さえて切る

※絶対にPEを手に巻いて切らないように!PEが食い込み手が切れます

良くある大量ロストパターン

着底後の根掛かりでグイグイッと引っ張る=地球にガッチリフッキング

バシバシ竿で煽ってもとれません、毎回切るしかなくなりますので

上記の外し方を必ず覚えて下さい

アタリからフッキング

主にアタリは小さくゴソゴソっとくるような感じ

その時すでに食っていますので早巻して巻アワセしてフッキング完了

後はテンションが緩まないよう巻き上げて下さい

取り込み

アコウが水面まで上がったら大きいものは船長がタモですくいます

40cm以下のサイズは抜きあげして下さい

釣れた魚は?

船長が結束バンドにて目印を付け、イケスに活かします

帰るときに一括して〆て血抜きしお渡しします

 

注意事項

●上記赤字の※ところは皆さんに快適で安定した釣果になるように指定が有ります必ず守って下さい

守れない場合はオマツリが増えたりと他の方に迷惑が掛かる場合が有りますので

次回よりお断りする場合が有ります、幹事さんは必ず皆様にお伝えください

投稿日:2017年3月7日 更新日:

Copyright© Setouchi Fishing Guide Service 1st 弐 , 2017 AllRights Reserved.